【成功者・考え方の習慣】自己成長し続け、成果を出し続ける人が知る「他責の罠」とは?

Pocket

こんにちは、SAYURIです。

 

あなたは何か上手くいかない出来事が起こった時、どんな言葉を発していますか?

 

動画と一緒に見ると学習効果が高まりますよ▽

Twitter LINE@ Facebook


自分の状態を知る

今回は【成功者の考え方の習慣】ということですが、

人は思考したことが、言葉に現れます。

言葉にしたことは、行動に移します。

行動したことは習慣になると言われています。

 

マザー・テレサもこう言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

思考は、人生を作ります。

あなたは普段、どんな思考をし、どんな言葉を使っているでしょう?

さて、質問です。

あなたは何か上手くいかない出来事が起こった時、どんな言葉を発していますか?

何か課題にチャレンジしている時思うように前に進まないこと失敗すること様々な乗り越えなければならない出来事に遭遇すると思います。

そんな時、どんな言葉を発していますか?

『こんなはずじゃないのに。。。』

『もっとできるはずなのに。。。』

何か問題が起こり、前に進まない時悲劇のヒロインになっていないでしょうか?

 

もしかしたら、『他責』の罠にはまっているかもしれません。

 

『他責の罠』にはまってしまうと頑張って行動しているのに足踏み状態で成長が止まってしまうのです!

行動しているのに成長しない状態でいるといずれ行動も止まってしまいます!

 

これから『他責の罠』に陥ってしまった人の特徴回避方法を説明していこうと思います。

まず、『他責の罠』に陥ってしまった人の特徴的な発言があるので、見ていきましょう!

これを知っておかないとなかなか自分が『他責の罠』ハマっていることに気づけない人も多いのです!

 

なぜかというと

人は、自分のことが一番自分で分からないと言います。

分からない状態では、改善もできませんよね。。。

 

そこで、

今、自分がどのような状態にあるのか、発言例を参考にセルフチェックしてみましょう。

 

他責の罠

他責とは?

「他責」とは、

責任の所在を自分ではなく 他人や環境に求めてしまう状態のことを表現します。

では、

他責の罠に陥ってしまった人典型的な発言例を見ていきましょう。

 

『他責』の状態の人の発言例

『他責』の状態の人の発言例
・私はやる仕事が他にもたくさんあるから

・世間的にどこも不況だから

・扱う商品が悪いから魅力がお客様に伝わらない

・このやり方でやれと教わったから

・やり方を教わってないから

・どうせ言ったところで聞かないだろうから

・ルールが決まってないから

・ルールがそうなってるから

・上司のフォローが足りない

・上の人がそう決めたから

・上の人が決めてくれないから

・部下がやる気を出さないから

・部下が動かないから

・部の人が余計なことをするから

いかがでしょうか?

誰にでも無意識にこのような発言をしまってることがあるかと思います。

職場や家族間または男女間など他人のこのような発言はよく耳するのではないでしょうか。

 

しかし、自分のことは意識しないと無意識のままに行動してしまいがちなんですね。

他責の状態で発言を繰り返している限り、責任は他人環境にあると考えています。

責任が自分にはなく他人や環境にあるので行動を起こすのは自分以外の誰かがすればいいと考えていることになります。

つまり、

責任のない自分は行動を起こしたり変化する必要がない無意識的に考えている状態です。

 

他責の状態を続けていたら、いつまでも他人のせい、環境のせいにし、

自分で乗り越える力が身につかないので課題もクリアできません!

 

もちろん、私も気づいたらこのような発言をしていることがあります。

重要なのは、自分で認識することです。

「あ、今言っちゃってたなー。今の自分って他責かも。」と。

 

認識できていたら行動は変えられるので、自分の状態にを向けるクセをつけるといいですね。

意識しないと無意識の自分が出てきてしまうので、自分をよく観察してみると色々発見があると思います。

そんな以前の私は、他責の塊だったと思います。

思い通りに行かなくて、よく会社の同僚と会社や上司のグチ大会で盛り上がっていましたね。


恋愛でも彼との関係が思い通りに行かなかったら、

「お前のせい!」

「あんたのせい!」

と、よく言い合いになっていました。

 

負けず嫌いで自分の非を認めるのが苦手だったので、当然うまく行かないことが多かったです。。。

 

仕事でリーダーを任されている時も

「あなたの動きが遅いから!」

「部下が仕事できないから!」

「何度言っても失敗するから!」

「あなたに何を言っても変わらない!」

 

などと、常に怒っていましたね。。。

今年の目標は、『怒らない!』と掲げるほどでした。

 

しかし、あなたはもう「他責の罠」について知りました。

何か問題にぶち当たっている時は、ぜひ「他責」の発言になっていないかチェックしてみてください。

成果を得る人の考え方

自責とは?

「自責」とは何か?

現在抱えている問題や課題の責任は、

他人や環境のせいではなく、

すべて「自分」にあると考えている状態。

「自責」の人の発言はどうなるでしょう。

「不況対策が甘かった」

「自分の商品を魅せる能力が欠けていたから」

「自分のリーダーシップが弱いせいで、部下のやる気を下げてしまった」

「マネージャーとの信頼関係を自分が築けていなかった」

このように、起こった問題や課題を自責で捉えられるようになれば、

課題を乗り越えるための行動自分で考え、変化していくことができるようになります。

 

自分で計画を立て実行し、うまく行かないことが起こっても自分自身の力で目標と現状のギャップを埋めることができ、成果も手に入りやすくなります。

 

ここで注意したいのが、

責任感を感じやすい人、落ち込みやすい人です。

私も当てはまるので注意しています。

 

「自分のせいで部下がやる気を下げてしまったー!」と責任を感じて落ち込まないでください。

課題をクリアするために現状足りていない部分を認識できて問題を解決し「行動」することが大事です。

そして、もう一つ重要なのが、

『実際、誰の責任なのかは重要ではない』ということです。

 

たとえ99%相手の責任だったとしても、

その課題を自分自身が取り組むと決めたなら

 

「100%自分の責任だとしたら何が原因だろうか?」と自問自答し、

 

自責の状態になることを選択できることが重要なのです。

 

私のエピソード

私もビジネスシーンで、こんな相談をしたことがあります。

「クライアントさんに何度もドタキャンされて、私の予定も狂って困っているんです!」と。

相談した相手は、この考え方を持っている人でした。

 

「仮にそれが、100%自分の責任だったとしたら何が原因だと思う?」と質問され、

 

「いやいや、なんでこっちに責任があるんですか?」と思いながらもしぶしぶ「何が原因だったのか?」を考えましたね。

 

“考えさせられた”と言ってもいいかもしれません。

人の脳はハテナ(疑問)を残しておくことが苦手なので自分の中の検索エンジンをフル稼働して検索し出すのです。

 

そうやってこの質問の答えを探すことで、

「私がドタキャンしないように事前注意喚起をしてなかったからだな。」などいくつか改善策も生まれてきました。

 

あの質問がなかったら自分の状態にも気付けなかったですし、改善策も生まれず、新たな行動を起こすこともなくうまく行かない状態を続けていたことでしょう。

 

この時、この「自責」の考え方質問の威力を改めて実感しました。

 

「自責」の状態を選択できるようになる魔法の質問

ここまでお話してたように、

自責の状態を選択できる人は、成果を得る確率が高まりますし、自分で解決する能力も高まるので、自己成長もしていきます。

なので、常に自分の状態に意識を向けて、「自責」の状態を選択できているのか確認したいですね。

 

とは言っても長い人生の中で出来上がった自分の考え方のクセはなかなか手強いのです。

 

また、人は攻撃された!と感じると瞬間的に防衛本能が働いて自分を防御する発言をしてしまいがちです。

意識していたとしても自分が「他責の罠」に陥っていることに気づけない人も多いはずです。

 

そこで、試してほしい魔法の言葉があります。

人の思考を整理し、促進し、行動させるシンプルで強力な自問自答法です。

「自責」の状態に導かれる魔法の質問
・自分の今の状態は自責?他責?

・もし仮に、この自体を引き起こしている原因の一部が自分にあるとしたら、それはなんだろう?

・予定通り進んでいない理由を誰のせいにして説明してた?「私が」になっていたか?

・今の発言は、チームに起こった出来事だ。傍観者になっていなかったか?チームの一人である当事者の発言をしていたか?

・今話していたことは「私は悪くない。私は正しい」と主張していなかったか?一番伝えたかったことは何だったか?

・今「自分が正しい。自分は被害者だ。」と証明することと、目標を達成することのどちらを優先しているか?

・もしこのまま誰も動いてくれない、誰も解決してくれない状態が続くとしても、自分はこのまま何もせずに指を加えて見ているのだろうか?

・今の状況でも、自分にできることがあるとしたらそれはなんですか?

様々なシーンを思い出しませんでしたか?

上記の質問をシーンに合わせて、日々意識して自分に投げかけてみてください。

 

また、今の自分の状態をどう感じるか?

他者に自分の言動や行動についてフィードバック(意見)してもらうのも良いでしょう。

 

他者からのフィードバックをもらう際は、お世辞抜きに正直にあなたのことを想って、あなたに意見できる人の言葉を参考にしてください。

自分では気づけないあなたの状態を知ることができるかもしれません。

これを繰り返し行動していれば、成果を得るチャンスがどんどん増えていくでしょう。

まとめ

何か問題が起こった時、

無意識のうちに「他責」の罠に陥っていないか?

 

責任の所在を自分ではなく他人や環境に求めてしまう「他責」の状態のままでは、いつまでも自己成長することないし、成果を出すことも難しいでしょう。

 

「100%自分の責任だとしたら何が原因だろうか?」自問自答し「自責」の状態を選びとり続けることができたら、

思考が変わり、行動が変わり、自己解決能力が高まり、自己成長しながら成果を得ることができるようになります。

 

問題に直面したら「今の自分は他責になっていないか?」と自問自答し、

 

時には他者からのフィードバックをもらうことで自分の状態を確認し、「自責」の状態を選ぶことが出来たら、

解決策が生まれ、いい行動につながり、いい成果に結びつけることができます。

 

さらには、

人にもいい影響を与える人に成長していくので、いい人間関係も築いていけるでしょう。

 

視点を自分に向けることで、一緒に良い流れの無限サイクルを作っていきましょう!

 

Twitter LINE@ Facebook

 

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です